アンニョンの強み

初期投資モデル 700万

「アンニョン」は事業リスクを引き下げる方法の一つとして、「低い初期投資」を掲げています。特殊な機器を使わない調理工程を実現させ、「居抜き区画への出店」とすることで初期投資額を抑えるビジネスモデルとしています。

集客基盤のある「ショッピングセンター」への出店
しかも韓国料理は競合が少なく、安定しやすい。

飲食店に限らず、商売の肝は「いかにお客様を集客するか」という
一点です。アンニョンは、施設全体で集客を行うことで、そもそもの集客問題を解決しています。次に問題になるのが「ショッピングセンター内の競争」という点になりますが、韓国料理は競合が非常に少なく、例えばラーメン業態のように「一つの施設に複数の同業態が存在する」という施設内競合を回避しやすいのが大きな特徴です。

人材獲得難を見据えた
「シンプルオペレーション」により出店スピードが加速。

昨今、全国的な人材不足が言われており、飲食店にも確実に影響を
受けています。従来の飲食店は1店舗に最低1名の社員が必要とされていましたが、アンニョンは調理過程を可能な限りシンプルに組み立てることで「少数化」「社員不要」のオペレーションを確立しています。1名の社員で複数店舗をマネジメントできるため、通常の飲食店と比較して出店スピードを各段に早めることが可能になりました。

お電話でのお問合せ

TEL:03-5565-2042(平日9時〜18時)
直通携帯:080-3723-8521
担当:小松